相模湖周辺の縄文遺跡

相模湖から津久井湖にかけてさらには町田市・日野市にかけて
縄文時代の遺跡が数多く点在しています。
それらの場所から数多くの土器や石器が発見されています。
日本の縄文文化は広くは知られていませんが、
いまから約1万2千年前までさかのぼる世界最古の文明です。
(中国最古の文明で6千年から8千年前です。)
遺跡の住居後は大体、川や湖の近くにあります。今回は寸澤嵐(すわらし)の遺跡を紹介します。


バス停前から見た遺跡の入り口

遺跡の説明文

遺跡(敷石)を保存してある建物

4千年前の敷石



見終わりましたらブラウザを閉じて下さい